中耳炎

中耳炎の特徴

中耳炎とは、耳の奥にある「中耳」の部分に菌などが入ることで炎症を起こした状態をいいます。中耳炎は急性中耳炎と滲出性中耳炎を含み5種類あります。そのうち急性中耳炎は、生後1~2歳をピークに5歳までのこどもに多くみられる病気です。症状が進行したり、繰り返すことで難治化したりすると、難聴となり言葉の発達が遅れることがあります。

流行の時期

流行の時期:1年を通して発症します。風邪の多い冬の期間に増加する傾向があります。
流行の時期
流行の時期

病院受診をすべき症状

急性中耳炎の主な症状は耳の痛みや耳だれ、発熱です。原因によって症状には個人差があります。アレルギー性鼻炎などがあり鼻水が長期間出ている場合などは症状の進行に気づきにくく滲出性中耳炎に移行していることがあります。赤ちゃんの場合は急に泣き出してむずがったり、耳をしきりとさわったりすることがあります。風邪と症状が似ているため放置されやすいですが、進行すると難聴や穿孔(せんこう:穴があく)などが起こり治りにくくなるため症状に気づいたら受診するようにしましょう。

病児保育中のケアのポイント

耳管はのどや鼻とつながっているため、鼻水がたまっていると長引いたり悪化したりします。赤ちゃんの場合は鼻水を吸い出すなどの処置が必要なこともあります。日常的に鼻すすりの癖がある場合も症状が進行する誘因となるため注意が必要です。片方ずつゆっくりと鼻をかむ動作をするようにしましょう。発熱や痛みがある間は入浴を控えてください。

医師からのコメント

急性中耳炎が進行すると浸出液(しんしゅつえき:耳だれ)の多い滲出性中耳炎、症状が長引いたり、繰り返し発症したりすることで慢性中耳炎となることがあります。急性中耳炎以外は、自覚症状が少ないまま進行、悪化していることがありますので、自己判断で通院をやめることなく継続して観察する必要があります。そのほかの中耳炎として細胞の異常増殖による真珠腫性中耳炎、気管支喘息患者にみられる好酸球性中耳炎があり、どちらも浸出液や難聴などの症状があります。症状が進行すると穿孔(せんこう:穴があく)ため早期に対処する必要があります。
※真珠腫性中耳炎:真珠腫という細胞の異常増殖がありますが、腫瘍ではありません。;