結膜炎

結膜炎の特徴

結膜炎は、結膜(けつまく:瞼の裏側にある半透明の膜)と、白目の部分が炎症を起こし赤く充血を起こす症状です。結膜炎の原因には、細菌、ウイルス、アレルギーなどがあります。

流行の時期

流行の時期:一年を通して症状は出現します。 高温多湿となる夏は、ウイルスや細菌が繁殖しやすいため流行する傾向にあります。 花粉などによるアレルギーは、季節によって症状の出現頻度が異なります。
流行の時期
流行の時期

病院受診をすべき症状

原因によって症状や感染力の程度、治療内容、経過が異なります。自己判断が難しいため症状が出現したら病院を受診してください。 細菌性結膜炎:黄色っぽい粘りのある目やにがでます。乳幼児や体力の落ちている人に感染することがあります。 流行性角結膜炎:目やにの量が多く、コロコロした違和感や充血が起こります。感染力が非常に強いので注意が必要です。 プール熱(咽頭結膜炎):アデノウイルスによって起こる炎症です。目やに、充血の他、発熱、のどの痛みなどが出現します。感染力が強いので注意が必要です。 急性出血性結膜炎:白目の部分に出血と充血があります。潜伏期間が短く、感染力も強いため、すぐ他の人に感染します。 アレルギー性結膜炎:一年を通して出現するものと季節によって症状が出現するものがあります。充血と白っぽい目やにがでます。感染することはありませんが、原因がわかっている場合は点眼薬などで症状を抑えることができます。

感染経路

主な感染経路は2つです。 飛沫感染→感染した人のくしゃみや唾液などに含まれている細菌、ウイルスからの感染 接触感染→細菌やウイルスが付着したものに触れた後、目に触れることで起こる感染

潜伏期間

原因となる細菌、ウイルスによって異なります。 急性出血性結膜炎:1~3日 プール熱(咽頭結膜炎):5~7日 流行性角結膜炎:1~2週間

病児保育中のケアのポイント

原因となる細菌やウイルスによって治療法が異なりますので指示にそった点眼薬を使用してください。 目やには、湿らせたガーゼやコットンでふき取ってください。同じコットンで左右の目を拭かないようにしましょう。ウイルスによっては非常に強い感染力をもっています。タオルや洗面器などは共有せず別のものを使うようにしましょう。

医師からのコメント

結膜炎の中でもウイルスによるものは非常に強い感染力をもっています。同じ症状、病気だからと他の人(兄弟など)の目薬を使わないようにしましょう。タオルなどを介して感染が広がりますので共用は控えてください。学校、幼稚園など通学、通園が制限されることがあります。医師の指示がある期間は人混みなどを避けてください。