インフルエンザ

インフルエンザの特徴

かぜとよく似た症状です。特徴的な症状は初期に38度以上の高熱が出やすいことです。しかし、条件によっては38度以下の発熱しか出ないこともあります。 のどの痛みなどかぜの症状に加え全身症状が現れやすい傾向があります。全身症状としては、頭痛や体のだるさ、関節痛、下痢や嘔吐(おうと)などの症状がみられます。 かぜか、インフルエンザかの判別を行い適切な治療を受ける必要があります。

流行の時期

流行の時期:12月後半から3月、ピークは1月下旬から3月です。近年では11月から流行することもあります。
流行の時期
流行の時期

病院受診をすべき症状

学校や園等でインフルエンザが流行している場合は、高い確率でインフルエンザに感染している可能性があるため、症状が現れたら受診するようにしましょう。元気がない、寒気がある、高熱が出た、微熱が続くなどが要注意です。

感染経路

飛沫(ひまつ)感染と接触感染があります。 飛沫感染→咳やくしゃみでウイルスが空気中に漂い、吸い込むことで感染します。 接触感染→浮遊したウイルスがドアノブやおもちゃ、家具などに付着することで感染が広がります。手に付着したウイルスは口や鼻に触れることで体内に入ります。

潜伏期間

1日~2日、長くても3日以内

病児保育中のケアの
ポイント

インフルエンザの診断を受けたら十分な休息と水分を摂れる環境を整えましょう。

医師からのコメント

インフルエンザは大きく3つの型に分類されており、それぞれで流行の時期、症状が異なります。 11月、2月~3月に流行しやすいインフルエンザB型は38度以下の微熱のこともあり、通常のかぜと症状が似ていますので注意が必要です。 発熱時の解熱剤は指示されたものを使うようにしましょう。インフルエンザの時に使うと合併症を起こす可能性のある解熱剤があるため、自己判断で使用するのは危険です。 インフルエンザのタイプ、予防接種を受けている、市販のかぜ薬を服用した場合などは出現する症状が軽いことがあります。症状が軽くても合併症を起こすことがあります。そのため、合併症を防ぐための対応が大切です。脳症や心筋炎の他、症状が改善したあとの細菌感染による肺炎などは重篤な合併症で、死亡することや後遺症を残すことがあります。