ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの特徴

ヘルパンギーナは、口腔粘膜に水疱性の発疹と発熱が主な症状としてあらわれるウイルス性の急性咽頭炎です。コクサッキーウイルスやエコーウイルスが原因となるウイルスで夏風邪の代表といえる病気です。乳幼児に多く見られますが、学童期の子どもにも発症します。学校保健法で予防すべき伝染病としての明確な規定がなく、流行阻止が難しいことがあります。

流行の時期

流行の時期:国内においては5月~7月に流行し9~10月にはほとんど見られなくなります。熱帯では一年を通して流行が見られています。
流行の時期
流行の時期

病院受診をすべき症状

突然の発熱が出たのち、さまざまな症状が出現します。口腔内から喉の奥にかけて1~2㎜ほどの水疱ができます。大きなものでは5㎜を超えるものがあります。発熱時の痙攣や疼痛による痛みなどで摂食障害、脱水を起こすことがあるため病院受診が必要です。

感染経路

主な感染経路は3つです。 糞口感染(ふんこうかんせん)→感染した人の便に触れた手を十分に洗浄しないまま食べ物に触れ、口の中に入ることで感染します。 接触感染→人の手に付着した菌が手から口に触れることで感染します。 飛沫感染→感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込み、口腔内に入ることで感染します。

潜伏期間

2~4日、発熱から解熱までの期間が2~4日あり、感染力が強い期間です。回復後も2~4週間は、便の中にも菌が排出されるため注意が必要です。

病児保育中のケアのポイント

根本的な治療法はなく対症療法が中心となります。病院では解熱剤や脱水対策として点滴を行うことがあります。自宅ではできるだけ安静にすることと刺激の少ない食事に心掛ける必要があります。果実やジュースなどは刺激となり痛みが増強することがあるため経口補水液や湯冷ましなどを少しずつ摂取するようにしましょう。ゼリーやおかゆなどの流動食、のどごしのよいものがおすすめです。

医師からのコメント

学校保健法による規定がないため解熱後24時間で体調が安定していれば登校が可能となります。しかし、解熱後も糞便を介して感染することがあるため注意が必要です。子どもだけでなく大人にも感染することがあるため注意しましょう。特に妊婦さんが感染すると生まれてくる子どもにも感染することがあります。ウイルスの種類によっては髄膜炎や心筋炎など重症化した例もあります。過度に心配する必要はありませんが、思い当たる症状があればできるだけ早く受診するようにしましょう。類似した症状に手足口病、プール熱があり鑑別が必要です。