水ぼうそう

水ぼうそうの特徴

水ぼうそうは、「水痘・帯状疱疹ウイルス」というウイルスによって起こる病気です。感染力がとても強いため注意が必要な病気のひとつです。このウイルスはふたつの病気を引き起こします。小児期に起こるのが「水ぼうそう」です。主な症状は全身にあらわれる直径2~3cmほどの赤い発疹です。この発疹は数時間後には痒みのある水疱へと変化します。1歳から4歳に多くみられますが、免疫力が低下している状態の大人でも感染することがあります。38度前後の発熱が3~5日ほど続きます。

流行の時期

流行の時期:一年を通して発症します。特に冬から春にかけて流行する傾向があります。
流行の時期
流行の時期

病院受診をすべき症状

非常に強い感染力を持っているウイルスです。一見すると虫刺されのような赤い発疹が2~3個出現します。その後24時間以内に全身にあらわれますので、できるだけ早く受診しましょう。基本的に幼稚園や保育園、小学校などは登園・登校停止になります。

感染経路

主に3つの感染経路があります。 空気感染→空気中に漂っているウイルスを吸入することで起こる感染
飛沫感染→感染者の咳やくしゃみなどに含まれているウイルスからの感染
接触感染→ウイルスが付着した手すりやタオルなどに触れた後、体内に入ることで起こる感染

潜伏期間

約2週間 食欲低下や体のだるさ、機嫌が悪いなどの症状がみられることがあります。

病児保育中のケアの
ポイント

とても強い感染力を持っています。兄弟、姉妹がいる家庭では接触を控え、タオルなどを別にするなどの対応が必要です。食欲があれば、何を食べてもかまいませんが、口腔内に症状が出ているときはゼリーやうどんなどののどごしのよいものがおすすめです。強い痒みを伴うため爪を短く切っておきましょう。水疱がある間は感染力があるため、こまめな衣類の交換を行い、清潔に心がけましょう。すべてが、かさぶたになるまでは外出を控える必要があります。

医師からのコメント

まれに重症化して死亡する例が報告されています。感染力が強く危険な合併症を起こすこともあるため症状が疑われた場合はできるだけ早く受診しましょう。水ぼうそうは予防接種が有効な病気です。100%防ぐことはできませんが、重症化を防ぐ効果もありますので摂取しておくことをおすすめします。また、妊娠中に水ぼうそうに感染すると胎児に影響することがあります。妊娠中のお母さんは産婦人科へ相談をしてください。