アデノウイルス

アデノウイルスの特徴

アデノウイルスというウイルスによって起こる感染症です。風邪や胃腸炎、結膜炎などいろいろな病気(症状)を起こします。50種類以上の種類があり免疫を作りにくく繰り返し感染することがあります。 「アデノ」は扁桃腺やリンパ節を意味する言葉で、その言葉のとおり扁桃腺やリンパ節に症状が出ることが多いです。主な症状は高熱・喉の腫れと痛み・目の充血や目やにです。はやり目(流行性角結膜炎)、プール熱(咽頭結膜熱)胃腸炎、肺炎などの症状を起こすこともあり重症化することがあります。

流行の時期

流行の時期:ウイルスの種類によって感染する時期が異なり、1年を通して流行する可能性があります。 子どもに多くみられるのが夏かぜや、プールで感染する機会の多いプール熱(咽頭結膜炎)です。
流行の時期
流行の時期

病院受診をすべき症状

のどの痛みや腫れ、4~5日続く高熱、目の充血や目やになどがある場合は感染を疑います。学校や保育園など周囲で流行している場合には注意が必要です。症状がみられたら受診するようにしましょう。アデノウイルス感染症の場合、登園、登校が制限されることがあります。 ※原因となるウイルスによって症状の現れ方が異なります。すべての症状が出るわけではありません。

感染経路

主な感染経路は3つです。 飛沫感染→感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを、健康な人が吸い込み、口腔内に入ることで感染します。 接触感染→人の手に付着した菌が手から口や目に触れることで感染します。プールの水を介して感染することもあります。 糞口感染(ふんこうかんせん)→感染した人の便に触れた手を十分に洗浄しないまま食べ物に触れ、一緒に口の中に入ることで感染します。

潜伏期間

5~7日
症状が現れる前から他の人への感染がはじまります。周囲で流行している話がある場合は人の多いところへの外出を控えましょう。

病児保育中のケアのポイント

発熱や下痢などがある場合は脱水になることがありますのでこまめに水分を摂るようにしましょう。非常に感染力が高いウイルスなので大人を含む家族全員に感染することがあります。便のついた下着に触るときは手袋をするなどできるだけ直接触らないようにし、洗濯も別にするのがおすすめです。発熱している期間の入浴は体力を消耗します。また熱が下がった後も感染力は残っていますのでシャワーを使う場合は家族の中での順番を最後にすることで家族への感染予防となります。

医師からのコメント

現在、アデノウイルスに対する特効薬はありません。幼稚園や学校で流行している話がある場合は手洗い、うがいをこまめにするようにしましょう。口を触る癖のある子どもの場合、マスクの着用も効果的です。プールでのタオルを介しての感染もあるため、日ごろからタオルの共用をしないよう心がけることも大切です。非常に強い症状が出現するウイルスもあり、重症化することがあるため、感染を疑う症状が出た場合は病院を受診するようにしてください。