ベビーシッター派遣|東京|横浜|さいたま|千葉| 病児保育の当日対応、英語シッティング、シッター宅保育、家事代行(マザリング)も可能

ベビーシッター派遣なら東京・横浜・埼玉・千葉のハニークローバー

仕事の流れ・研修内容

ハニークローバーでお仕事をしていただく際の一連の流れと、お仕事をする前に必ずお受けいただく研修の内容です。研修内容をしっかり身に付け、仕事の一つ一つのプロセスを丁寧に進めていただくことにより、お客様に安全な保育サービスをお届けできます。ベビーシッターの求人に興味を持たれましたらぜひご応募下さい。

ベビーシッターの仕事の流れ

ベビーシッターの仕事はお客様のご要望により、様々です。

お仕事のご連絡を本社より受けます。
ご連絡は通常一日前までに入りますが、病児保育などの緊急のご連絡は当日の朝に入ることもございます。
お仕事の可否の判断をし、本社に返信をします。ご自身の体調、自己都合と相談し、ご判断下さい。
会社からお仕事の詳細情報が届きますので確認します。
シッティングの内容を把握し、『お客様にお渡しするレポート、地図、エプロン、手袋(病児保育時に使用)、マスク(病児保育時に使用)、 お弁当、飲料など』を用意します。
※お弁当、飲料はお子様のアレルギーに該当しない内容で準備をします。
シッティングの指定場所に訪問します。開始10分前に訪問をします。
大半が保護者様宅になりますが、イベント保育や送迎保育の場合は各施設や保育園などの場合もあります。
保護者様よりシッティング指示書をお見せいただき、シッティングプランをお打合せします。(5分程度)
シッティング開始時刻までに全ての引継ぎを完了し、保育を開始します。
・通常シッティング
遊びやお散歩などを行います。 
・病児保育
疾病ごとに当社の研修で学んだ内容で安全に保育します。 
  • ※当社既定の頻度でお子様の体温を測定し、保護者様にSMSにてご報告をすることもあります。
  • ※お子様を病院にお連れすることもあります。
  • ※投薬依頼書に従い、投薬を実施することもあります。

・送迎保育
保育園や幼稚園、学童保育などからご自宅などへの送迎を安全に行います。 
・イベント保育
住宅展示会やテレビの撮影などの各種イベントにて、現場のスタッフさんと連携しながら安全に保育をします。 
・宿泊保育
保護者様宅にての宿泊保育です。保護者様に代わり、お食事の提供、沐浴、寝かしつけなどを安全に行います。
保護者様にご報告をしてシッティングの終了となります。
シッティングレポート、 通院同行報告書(お子様を病院にお連れした際に使用) を用いてご報告をし、お子様をお引渡しして終了となります。
採用応募フォームはこちら

研修内容

ハニークローバーでお仕事をしていただく際は、必ず研修をお受けいただいております。研修を実施し、しっかりと研修内容を身に付けていただいたと確認できた際に、実際にお仕事に入っていただきます。

学童保育4

研修カリキュラム
報告義務
シッティングの内容や、引き継ぎ事項は全て保護者様、当社に報告をしていただいております。ここでは報告すべき事柄や、報告の重要性について学んでいただきます。
ハニクロレポートの記入
シッティング終了後、保護者様にレポートを提出し、報告をして終了となりますが、レポートの記載方法について学びます。正しく記載したレポートは保護者様に安心していただけます。
ベビーシッター【実務】
ベビーシッターをする上での基礎を学びます。シッターとして持つべき基本姿勢(マナー)、身だしなみ基準、災害時の対応、ケースごとの対処方法を学びます。
ベビーシッター【基本】
ベビーシッターとしての勤務の流れを学びます。訪問前の情報の確認から、準備するもの、シッティング場所での確認事項、シッティング中の対応、月齢別安全チェック事項などを学びます。
例えば、長時間シッティングの際はシッターの軽食を持参しますが、お子様がアレルギーの場合は該当食物が入っていない軽食を持参するなど、事故を防止し安全に保育を行うための重要な研修事項が多数含まれますのでしっかりと学びます。
ベビーシッター【病児保育】
疾病、症状毎の正しい保育内容を学びます。各疾病の基本内容、水分補給、検温、投薬などの実務について学びます。病院受診が必要な症状、熱性けいれん時の対応についても学び、お子様を安全に保育するために必要な知識全般をしっかり学びます。
病院同行報告書の記入
シッティング中にお子様を病院にお連れした際には、病院同行報告書を記入して保護者様に提出します。医師からの診断内容は、処方された薬の内容、飲ませ方など、各項目の記載方法を学び、保護者様に報告すべきことがらを正しく記入できるようにします。
ベビーシッター【送迎保育】
安全にお子様を送迎するために必要な知識、技術を学びます。車道側をシッターが歩く、お子様と手を離さないなどの基本的なことから、天候が急に変化したときの対応方法などを学びます。
ベビーシッター【イベント保育】
イベント会場に赴いての安全なシッティング方法について学びます。シッターさんが複数でお伺いするケースについてもチームワークで進める手順を学びます。イベントによっての臨機応変な対応が求められますので、しっかり学びます。
これらのカリキュラムを学び、様々なお客様のご要望に応じた安全な保育を実施します。
研修の履修度によっては業務に入れないこともございますのでご了承ください。

採用応募フォームはこちら

お問い合わせ

メールはこちら